不動産売却を気付かれずにおこなう方法は?媒介契約の選び方も解説

不動産売却を気付かれずにおこなう方法は?媒介契約の選び方も解説

この記事のハイライト
●早く高く売るためには専任媒介契約や専属専任媒介契約を選ぶべきだが気付かれずに不動産売却をしたい場合は一般媒介契約を選ぶのが無難
●気付かれずに不動産売却をしたいときは仲介だけでなく買取も視野に入れる
●積極的な売却活動をおこなえないため引き渡しまでの期間は通常の売却よりも長引く可能性がある

土地や建物を売る理由は人それぞれで、前向きな売却ではないこともあります。
そのため「誰にも気づかれずに不動産売却をしたい…」そのように悩む方も少なくありません。
今回は不動産売却を気付かれずにおこなうための、媒介契約の選び方や売却活動のコツ、引き渡しまでの一般的な期間を解説します。
鹿児島市で空き家の売却をお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却をおこなうための媒介契約の選び方

気付かれずに不動産売却をおこなうための媒介契約の選び方

まずは、気付かれずに不動産売却をおこなうための、媒介契約の選び方を解説します。
土地や建物を売却する際、不動産会社が買主を探すため、媒介契約を結ぶのが一般的です。
媒介契約には、下記の3つの種類があります。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

一般媒介契約とは、1社以上の不動産会社に仲介を依頼できる契約です。
専任媒介契約と専属専任媒介契約は、1社の不動産会社としか媒介契約を締結できません。
スピーディーに売りたい場合や、高く売却したい場合は、専任媒介契約または専属専任媒介契約にするのがおすすめと言えます。
しかし、気付かれずに売りたい場合は一般媒介契約を選ぶのが無難です。
その理由のひとつとして、レインズへの登録義務が生じることが挙げられます。
レインズとは、不動産流通システムという、不動産会社専用の物件情報サイトです。
専任媒介契約と専属専任媒介契約の場合、不動産会社には、レインズに対象の不動産の情報を掲載する義務が生じます。
レインズに売却する不動産の情報を掲載した場合、全国の不動産会社が、その物件の情報をチェックすることが可能です。
そのため、多くの方に不動産の情報が知れ渡り、友だちや近所の方に知られてしまうことがあるでしょう。
しかし、一般媒介契約にはレインズへの登録義務が生じません。
一般媒介契約を選べば、気付かれずに不動産売却を進められるのがメリットです。

媒介契約締結までの流れ

媒介契約締結までの一般的な流れは、下記のとおりです。

  • 売却の相談
  • 査定
  • 不動産会社を決める
  • 媒介契約を締結する

まずは不動産会社に売却の相談をします。
このタイミングで、気付かれずに不動産売却をしたい旨を伝えることがポイントです。
そのあとは査定をおこない、不動産にどのくらいの価値があるのかを調べます。
査定には机上査定と訪問査定の2つの種類がありますが、より精度の高い査定を希望する場合は、直接現地に足を運んで結果を出す訪問査定を選ぶのが一般的です。
ただし、気付かれずに売りたい場合、現地への訪問は最小限にすべきと言えます。
査定後は、不動産会社を決め、媒介契約を締結します。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる税金の種類は?譲渡所得税の節税方法も解説

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却をしたいときの売却活動のポイント

気付かれずに不動産売却をしたいときの売却活動のポイント

続いて、気付かれずに不動産売却をしたいときの、売却活動のポイントについて解説します。

売却活動のポイント1:不動産会社選びは信頼性を重視する

売却活動のポイントとしてまず挙げられるのが、不動産会社選びは信頼性を重視することです。
土地や建物を売却する際、なるべく高く売りたいと、多くの方が思うでしょう。
不動産は高く早く売ることが理想的なので、価格重視で不動産会社を選ぶ方も少なくありません。
しかし、気付かれずに不動産売却をしたいという特殊な事情がある場合は、信頼性を重視して不動産会社を選ぶべきと言えます。
査定額が高くても、親身に話を聞いてくれなかったり口が軽そうだったりする場合、その不動産会社は避けるべきです。
気付かれずに不動産売却をしたいことを理解してくれ、慎重に売却活動をおこなってくれるところを選ぶことが大切と言えるでしょう。

売却活動のポイント2:不動産会社が抱えている既存の顧客に紹介してもらう

気付かれずに売却活動をおこなう場合、不動産会社が抱えている顧客を紹介してもらう方法もあります。
売りたい土地や建物に、興味がありそうな顧客を探し、直接連絡を取る方法です。
不動産の情報を公にせずに売ることができるので、積極的な売却活動もおこなわずに済みます。
ただし、条件に合う方がいらっしゃる場合のみとなるので、限定的になってしまうのがデメリットです。

売却活動のポイント3:仲介だけでなく買取も検討する

気付かれずに売りたい場合は、仲介だけでなく、買取も視野に入れてみてください。
買取とは、不動産会社が土地や建物を直接買取する売却方法です。
仲介とは違い、売却活動をおこなう必要がなく、査定額に納得できれば取引が成立します。
とにかくスピーディーに現金化できるのが、買取の大きなメリットと言えるでしょう。
また、仲介の場合、購入希望者に室内を見学してもらう「内覧」をおこなうのが一般的です。
内覧が繰り返されることによって、売ることが近隣住民にバレてしまうこともあります。
買取なら不動産会社が査定をおこなうだけなので、気付かれずに売ることが可能です。
ただし、買取の場合、売却価格が仲介より3割ほど安くなります。
不動産会社は土地や建物を買取したあと、多くのケースでリフォームやリノベーションなどをおこない、再販するからです。
そのため、売却価格がどうしても安くなってしまいます。
「安くても良いから気付かれずに早く売りたい!」という方は、買取がおすすめです。

▼この記事も読まれています
売却前におこなう家の解体費用の相場は?工事の流れとデメリットも解説

\お気軽にご相談ください!/

気付かれずに不動産売却をする場合の販売期間は?

気付かれずに不動産売却をする場合の販売期間は?

最後に、気付かれずに不動産売却をする場合の販売期間について解説します。
販売期間の目安をあらかじめ知っておけば、販売計画を立てる際に役立ちます。

仲介における販売期間の目安

仲介における不動産売却の販売期間は、約3か月~6か月ほどです。
査定から引き渡しまでの期間となりますが、状況によっては長引くこともあります。
不動産は売りに出したからと言って、すぐに売却できるわけではありません。
立地や需要の有無、売り出すタイミングなどによって、販売期間が短くなったり長くなったりします。
気付かれずに売る場合、積極的な売却活動をおこなえないのがデメリットです。
そのため、通常の不動産売却に比べると、販売期間が長引くことがあります。
売り出している期間が長い分、気付かれる可能性が高くなるので注意が必要です。

買取における販売期間の目安

買取における販売期間の目安は、1週間~2週間です。
条件によっては、もっと早く引き渡しが完了することもあります。
先述のとおり、買取は仲介と違い、買主は不動産会社となります。
そのため、買主を探すためにチラシを作成してポスティングしたり、インターネット上に物件の情報を掲載したりといった、積極的な売却活動は原則おこないません。
査定金額や契約の条件に合意すれば、すぐに現金化することも可能です。

▼この記事も読まれています
住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

まとめ

不動産売却を気付かれずにおこないたい場合は、レインズへの登録義務が生じない一般媒介契約を選ぶのが無難です。
不動産会社選びは信頼性を重視することや、仲介だけでなく買取を視野に入れることなどが、売却活動の際のポイントとなります。
気付かれず売却したい場合は通常の売却より販売期間が長引く可能性があることを、注意点として押さえておきましょう。

鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。

安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ