住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

この記事のハイライト
●住みながらの不動産売却は売り先行という
●住みながらの不動産売却では生活しているところを内覧するので生活感が伝わってしまう
●不動産に住みながら売却する際は事前に掃除や新居の事前調査をおこない売りやすくすることが大切

マイホームを売却するときに次の住まいが決まっていなければ、住みながら不動産売却することになります。
その際にはどんなメリット・デメリットがあり、どんなことに注意するべきなのか解説します。
住みながら不動産売却する可能性がある鹿児島市内にお住まいの方は、ぜひ、確認してみてください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をする方法とは

住みながら不動産売却をする方法とは

不動産売却は「売り先行」と「買い先行」がありますが住みながらの不動産売却はどちらなのでしょうか。

住みながらの不動産売却は売り先行

転居の資金が準備できない、新居の物件が見つからないなどの理由で先にマイホームを売却する方もいらっしゃいます。
住宅ローンが残っていて抵当権が設定されていると、次の住宅ローンが組みづらく、賃貸を借りるにもローンが2重になるので、住みながらの不動産売却になりがちです。
そういった状況の不動産売却の方法は「売り先行」といわれ、マイホームに住みながら売却活動をおこないます。
内覧のときには購入検討者とスケジュールを調整し、マイホームに招き入れて、隅々まで確認してもらいます。
「生活しているところを内覧して不動産が売れるの?」といった疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、不動産取引では住みながらの不動産売却は珍しい方法ではなく、売主・買主の協力のもと契約が成立することも少なくありません。

不動産売却した家に住み続けることができるリースバック

リースバックとはマイホームを売却して所有権を移転したあとに、賃貸住宅として家賃を支払って住み続ける不動産取引の方法です。
売主としては生活環境が変わらないことや、自宅を売却してまとまった資金を得られるといったメリットがあります。
たとえば老後資金が必要でいずれ住み替えを検討している方や、転勤が見込まれているけど時期が分からない方などは、リースバックに適しているでしょう。
しかし買取価格は物件相場の70%程度になることが多いため、買取価格も考慮したうえで検討しましょう。

この記事も読まれています|タイミングによって変わる相続不動産の相談はどこにするべき?

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をするメリット・デメリット

住みながら不動産売却をするメリット・デメリット

住みながらの不動産売却をする場合のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

住みながら不動産売却をするメリット

マイホームに住みながら不動産売却する場合は、売却後の資金を住み替え費用に充てられることがメリットです。
住宅ローンがあったとしても売却金でそれを完済し、その後に残った資金を引越し費用や頭金として利用できます。
このように資金計画を立てやすいことは大きなメリットでしょう。
内覧時には、家具や家電が置いてあるので買主が生活をイメージしやすく、購入につながることが期待できます。
室内に何もない状況は部屋が広く見えるものの、生活のイメージがしづらいといったデメリットがあります。
生活動線の確認や、利用したい家具や家電などの比較もしやすいので、生活したあとの具体的なイメージしやすいでしょう。
ほかにも、物件の魅力を直接伝えやすいメリットがあります。
マイホームの使い勝手やエリアの魅力、周辺環境などについては売主が誰よりも熟知しているので、内覧の際に伝えることができます。
また、住みながら売却することで建物の劣化を抑えることが可能です。
建物は人が住まない状態が最も劣化が進む原因になります。
住みながらの不動産売却は、建物の状態を確認できる点もメリットといえます。

住みながら不動産売却をするデメリット

住みながらの不動産売却では内覧のスケジュール管理が重要です。
内覧希望の日程は土日祝日などの休日になることが多いので、住みながら不動産売却していると休日に予定を入れづらいでしょう、
平日が休みの方もいるので、その場合は平日夜の対応になることもあり、建物の確認のために複数回の対応が必要になることもあります。
案内する不動産会社は前もってスケジュール調整するように努めますが、急遽、反響があって内覧を依頼することもあります。
住みながらの不動産売却にはそうしたスケジュール管理のわずらわしさがあります。
また、生活がイメージしやすいことがメリットになると先述しましたが、一方で生活感が出すぎてしまうことで、物件に対して悪い印象を持たれることもあります。
また、片付けを優先するあまり収納内に荷物が詰まってしまい、内覧時に収納の大きさを確認できないこともあります。
そのため、検討を見送る場合もあるでしょう。
このように生活感はメリットにもデメリットにもなるため注意しましょう。

この記事も読まれています|タイミングによって変わる相続不動産の相談はどこにするべき?

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却をするときの注意点

住みながら不動産売却をするときの注意点

住みながら不動産売却をするときにはどのような注意点があるのでしょうか。

掃除や片付けを徹底しておく

住みながらの不動産売却では室内の掃除や片付けが売却を成功させることに直結します。
いつもより念入りな掃除はもちろんのこと、水回りについては業者によるハウスクリーニングを活用することも視野に入れましょう。
また部屋の内部はもちろん、外部の庭や外壁などもしっかりと手入れをすることも注意点となります。
ほかにも、引っ越すのであれば早めに不用品を処分して片づけをすることをおすすめします。
使っていないものや新しい住まいで使わないと思われるものは断捨離をおこなえば、片付いて印象がよくなるだけではなく、引っ越しも楽になるでしょう。
そして、掃除するときの注意点のひとつに家の「臭い」があります。
ペットを飼育していればもちろんですが、そうでなくても人の家の臭いは気になるもので、住んでいる方には分かりにくいものです。
全ての部屋を消臭する必要はないものの、玄関やリビング、廊下には芳香剤を設置すれば、臭いによっていい印象も与えられるかもしれません。
建物の設備についてはリフォームする必要はありませんが、自分で直せるところや給湯器など生活上重要な設備が故障している場合は直したほうが良いでしょう。

新居の事前調査しておく

住みながらの不動産売却ではリースバックを除いて売却後に引っ越すので、転居先の事前調査は必須です。
売却が決まっても転居先が決まらないと、一時的にホテル暮らしになりかねませんし、その間、荷物を保管する場所についても多額の費用がかかります。
事前調査では新居の費用だけではなく、引っ越し費用も見積もりしておく必要があります。
引っ越しは繁忙期になると高額になるので、しっかり事前調査することが注意点です。
子育て支援などを受けていれば行政への手続きも必要になるので、それらも併せて調査しておきましょう。

この記事も読まれています|タイミングによって変わる相続不動産の相談はどこにするべき?

まとめ

住みながら不動産売却する方法は「売り先行」であることが多く、売却後に住み続けることができるリースバックという仕組みもあります。
住んでいることで出る生活感はメリットにもデメリットにもなりますが、いずれにしても室内の掃除や片付けをしっかりしておきましょう。
また、転居先の事前調査を進め、売却後の引っ越しも滞りなく済ませされるようにすることも大切です。
鹿児島市内で住みながら不動産売却を検討している方は弊社までご相談くだされば、不動産売却の適切な提案をいたします!
住み替え先の新居探しもお手伝いいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ