不動産売却における買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットを解説

不動産売却における買取とは?仲介との違いやメリット・デメリットを解説

この記事のハイライト
●買取と仲介では、買主・売却期間・売却価格が異なる
●買取には、即現金化できるなどのメリットがある
●買取は仲介に比べると、売却価格が低くなりやすい

不動産を売り出す際に、仲介で売却するか買取を依頼するかで悩む方も多いのではないでしょうか。
売却活動に時間をかけられない方や、現金化を急いでいる方は、仲介よりも買取がおすすめです。
この記事では、不動産売却方法の1つである買取について、メリットやデメリットを解説します。
鹿児島市で不動産売却をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における買取とは?仲介との違い

不動産売却における買取とは?仲介との違い

買取とは、仲介のように個人の買主を探して売却するのではなく、不動産会社に直接物件を売却することです。
一般的には仲介による売却が多いですが、状況や物件の状態によっては買取を選択したほうが良いこともあります。
ご自身に適した売却方法を選ぶためにも、まずは買取と仲介の違いから確認しておきましょう。

買主が異なる

買取と仲介のもっとも大きな違いは、不動産を売る相手です。
仲介の場合は、売却を依頼された不動産会社が売却活動をおこない、個人の買主を探します。
一方で買取は、売主と個人の買主を繋げるのではなく、不動産会社が買主となります。

売却期間が異なる

買取と仲介では、不動産を売り出してから引き渡すまでの期間にも違いがあります。
仲介の場合、個人相手に不動産を売却するため、売却活動をおこなって買主を探さなければなりません。
一般的な不動産売却にかかる期間の目安は、約3〜6か月といわれています。
しかしこの期間はあくまでも目安であり、物件の状態や立地などによっては6か月以上かかることも珍しくありません。
そのため不動産会社に仲介を依頼する際は、時間に余裕をもって売却計画を立てる必要があります。
一方で買取の場合は、直接不動産会社に売却するため、仲介のような売却活動が必要ありません。
不動産会社が提示する査定額や条件に納得すれば、すぐに売買契約を結び現金を受け取れます。

売却価格が異なる

基本的に高値で売却しやすいのは、仲介による売却だと考えておきましょう。
買取の場合、買い取った物件をリフォームやリノベーションし、資産価値を高めたうえで再販売するのが一般的です。
その際に発生する費用を考慮して売却価格を決定するため、買取は仲介に比べると売却価格が低くなる傾向にあります。
仲介による売却では、売主が売却価格を決められるため、市場相場よりも少し高めに設定し、売れなければ価格を下げることも可能です。

▼この記事も読まれています
不動産売却でかかる税金の種類は?譲渡所得税の節税方法も解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却での買取と仲介を比較したときのメリットとは

不動産売却での買取と仲介を比較したときのメリットとは

続いて、仲介と比べて買取にどのようなメリットがあるのかを解説します。

メリット①短期間で現金化できる

買取の大きなメリットは、短期間で現金化できることです。
不動産売却においてもっとも時間を要するのは、売り出してから買主と売買契約を締結するまでです。
すぐに買主が見つかれば良いのですが、立地や物件の状態などによっては、なかなか売れずに売却期間が長引くこともあります。
一方で買取ははじめから売却相手が決まっているため、買主を探すための売却活動が不要で、売れ残る心配もありません。
仲介による不動産売却が平均3〜6か月ほどかかるのに対して、買取なら1週間から1か月程度で現金化できます。

メリット②契約不適合責任が免責になる

契約不適合責任とは、契約内容に適合しないものを引き渡した際に、売り主が負う責任のことです。
たとえば売却した物件に雨漏りが生じているにも関わらず、契約書には何も記載がなく買主も知らなかったとします。
この場合、契約に適合しないものを売ったことになるため、売主が修繕費用を支払わなければなりません。
仲介は契約不適合責任を負いますが、買取では免責になることが一般的です。
契約不適合責任が免責になれば、引き渡し後に不具合が見つかっても売主が責任を問われることはありません。
物件を引き渡したあとに「不具合が出て責任を追求されたらどうしよう」などと不安になることもないでしょう。

メリット③近隣に知られずに売却しやすい

不動産を売る理由は人それぞれですが、売却時に「近隣住民に知られたくない」という方は少なくありません。
このような場合にも、買取による不動産売却がおすすめです。
買取は仲介のように、広告媒体を利用して物件を宣伝する必要がないため、周囲に気付かれる可能性が低くなります。
また内覧も不要なので、当日に備えて家中をきれいにしたり、立ち会ったりする手間を省ける点もメリットです。
なんらかの事情があり、周囲に知られずに自宅を売却したい方は、仲介よりも買取のほうをおすすめします。

▼この記事も読まれています
売却前におこなう家の解体費用の相場は?工事の流れとデメリットも解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却での買取と仲介を比較したときのデメリットとは

不動産売却での買取と仲介を比較したときのデメリットとは

即現金化ができるなどメリットの多い買取ですが、デメリットも存在します。
ここからは、仲介と比べた場合に買取にどのようなデメリットがあるのかを解説します。

デメリット①売却価格が低くなりやすい

買取のデメリットとして、仲介に比べて売却価格が低くなりやすいことが挙げられます。
先述したように買取では、再販時のリフォーム費用などを考慮したうえで売却価格を決めるためです。
一般的には、仲介で売却したときの7〜8割程度の価格になると考えておきましょう。
たとえば、仲介では4,000万円で売れたはずの不動産が、買取では2,800〜3,200万円ほどになるイメージです。
1円でも高い価格で売却したいと考える場合は、仲介による売却が向いているといえます。

デメリット②買取できない不動産もある

不動産の状態などによっては、不動産会社が買取を断ることもあります。
たとえば、そのままでは住めないほど老朽化しており、大規模なリフォームを必要とする住宅などです。
このような不動産は、修繕やリフォームにコストがかかりすぎて、再販しても不動産会社が利益を確保できません。
また過疎化が進む地域の物件も、需要が見込めず再販できないリスクがあるため、買取を断られる可能性があります。

デメリット③買取に対応していない会社もある

不動産会社のなかには、買取に対応していないところもあります。
もしその不動産会社が買取に対応していなければ、買取を依頼することはできません。
そのため不動産会社探しの段階で、買取が可能かどうかをチェックしておく必要があります。
弊社では一般的な仲介に限らず、買取のご依頼も承っております。
鹿児島市周辺で、不動産を即現金化したい方や売却を急いでいる方は、弊社までお気軽にご相談ください。

買取と仲介で迷ったら?

買取と仲介で迷ったら、不動産の状態やご自身の状況を考慮してしっかり判断することが大切です。
以下の条件に当てはまる方は、仲介よりも買取をおすすめします。

  • すぐに現金化したい
  • 現金化したい時期が決まっている
  • 売却していることを周囲に知られたくない
  • 築年数が古く老朽化が進んでいる

たとえば、転勤日が決まっている、売却代金で相続税を支払いたいなど、売却を急いでいる場合は買取がおすすめです。
また、リフォームや解体工事をすれば売却できそうなものの、そのための費用を捻出できない場合も買取を検討すると良いでしょう。
反対に売却活動にかける時間が十分にあり、1円でも高く売却したい場合は仲介をおすすめします。

▼この記事も読まれています
住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

まとめ

不動産売却における買取とは、不動産会社に直接土地や建物を売却することです。
買取には、即現金化が可能、周囲に知られずに売却できるなどの多くのメリットがあります。
ただし仲介に比べると売却価格が低くなりやすいため、ご自身の状況に応じて判断することが大切です。



鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。

安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ