不動産売却は無料査定でできる?よくあるトラブルと回避方法も解説

不動産売却は無料査定でできる?よくあるトラブルと回避方法も解説

不動産の売却を検討している方は、まず査定を受ける方が多いのではないでしょうか。
不動産査定では無料査定が一般的ですが、本当に無料なのか、無料によるデメリットがあるのかなど不安に思う方も少なくありません。
そこで今回は、不動産無料査定とはなにか、よくあるトラブルや回避方法について解説します。

不動産査定は無料査定で問題ない!

動産査定が無料であること自体には全く問題がありません。
不動産査定は一般的に無料でおこなわれることが多いです。
不動産会社は売主と買主の仲介手数料を収入源としていますが、この手数料は売買契約が成立した時に発生します。
査定が無料である理由は、不動産会社が売主と媒介契約を結び、家の売却を行う機会を増やしたいと考えているからです。
無料査定では、通常物件の基本情報に基づいておこなわれ、過去の情報から大まかな市場価値を提示します。
一方不動産鑑定士がおこなう有料査定では、物件の詳細な調査が行われ、物件の状態の詳細なチェック、周辺環境の分析、近隣の市場動向の調査などが含まれることがあります。
不動産売却というのは、不動産の価値通りにはおこなわれないため、売却のためであれば無料の不動産査定を受ける方が良いでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産を現金化する方法にはどのようなものがある?売却期間も解説!

無料査定で起こるよくあるトラブルとは

無料査定でよくあるトラブルとして、「売却相場から大きく逸脱した査定額を提示される」場合があります。
相場と比べて極端に高い査定額を提示するのは、売主を喜ばせて媒介契約を取るためであり、契約後に大幅な値下げを求められることになります。
一方、極端に低い査定額を提示するのは、早急に売却して短期間で仲介手数料を得たい場合です。
いずれの場合も、売主が損をする可能性があるので、注意が必要です。
ほかにも、「近隣に査定が漏れて噂になる」こともあります。
不動産査定では、不動産会社の担当者が直接家を訪問する訪問査定をおこなう場合があります。
その際、近隣の方の目に触れ家の売却を進めていることを知られてしまうことがあるでしょう。
離婚など特定の事情で売却を検討していて、周囲に査定を受けたことを知られたくない場合は、事前に不動産会社にその旨を伝えることが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルは?解決策と未然に回避する方法を解説!

トラブルを回避するための方法

まず、不動産の査定前に相場を自分で調べておくことが大切です。
売却相場と査定価格を比較し、明らかに高額な査定を提示する不動産会社との契約は避けましょう。
過去の実際の取引価格を知りたい場合は、土地総合情報システムを利用したり、物件検索サイトで販売中の物件の売り出し価格も確認したりすることで、より正確な相場を把握できるでしょう。
また、査定後には価格の根拠について確認することが重要です。
査定結果を受け取ったら、担当者にどの要素をどのように評価して価格を決定したのかを尋ねてみることも良いでしょう。

▼この記事も読まれています
築10年になる一戸建ての売却相場とは?高く売るコツや注意点を解説!

不動産査定は無料査定で問題ない!

まとめ

不動産の売却査定は無料査定で問題ないことがわかりました。
査定価格の根拠を確認することや相場を自分で調べることが重要であり、特に極端な査定額には注意が必要です。
査定後には、提示された査定額の根拠を確認すると良いでしょう。

鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。
安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ