空き家の売却タイミングとは?相場や築年数などの視点から解説

空き家の売却タイミングとは?相場や築年数などの視点から解説

空き家を所有する方のなかには「どうにかして売却したい」「少しでも高く売却したい」と考えている方もいるでしょう。
空き家は所有しているだけで、税金や管理費などさまざまな費用が発生するため、活用予定がない場合は適切なタイミングでの売却がおすすめです。
そこで今回は、空き家の売却タイミングについて、相場や築年数、住宅ローン金利の視点から解説します。

相場からみる空き家の売却タイミングとは?

相場からみる空き家の売却タイミングでポイントとなるのが、不動産価格指数です。
不動産価格指数は不動産価格の相場を知るのに役立つ資料で、不動産の取引価格をもとに国土交通省より発表されます。
もしこちらの不動産価格指数で右肩下がりが続く場合は、早いタイミングでの売却がおすすめです。
右肩下がりは不動産価格がどんどん下がっている状況であるため、少しでも高く売却できるタイミングを見逃さないようにしましょう。
なお、不動産価格指数は全国をまとめて算出される数値であるため、エリアごとの相場を知るには適していません。
空き家のあるエリアの相場を知るには、物件情報サイトで類似した条件の空き家を探して相場をみる、公示地価を含めた公的な地価情報サイトを参照するなどの調べ方がおすすめです。

▼この記事も読まれています
不動産を現金化する方法にはどのようなものがある?売却期間も解説!

築年数からみる空き家の売却タイミングとは?

築年数から空き家の売却タイミングを見極めるには、まず築年数の重要性を理解しておくと良いでしょう。
空き家を売却する際に、築年数は重要な要素となります。
築年数の経った空き家は価値がゼロと見なされるケースも珍しくありません。
築年数に応じた平均売却価格をみても、一戸建て住宅の空き家は築15年まで年々価値が下落していきます。
築15年を過ぎると、減少は緩やかもしくは価値が横ばい状態となるケースが多いです。
築年数の浅い空き家の売却を検討する場合は、少しでも早いほうが高く売却できる可能性が高まるといえます。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルは?解決策と未然に回避する方法を解説!

住宅ローン金利からみる空き家の売却タイミングとは?

住宅ローン金利からみる空き家の売却タイミングでポイントとなるのが、金利の高さです。
住宅ローンが低金利のタイミングが、売却には適しています。
なぜなら、空き家の購入希望者からすると、低金利であれば利息も減り住宅ローンの返済額が抑えられるためです。
固定金利住宅ローンであるフラット35などを利用すれば、返済額を抑えながら家の購入が可能です。
また、低金利のほうが住宅ローンを組みやすいメリットもあるため、購入希望者も購入に踏み切りやすいタイミングとなります。

▼この記事も読まれています
築10年になる一戸建ての売却相場とは?高く売るコツや注意点を解説!

住宅ローン金利からみる空き家の売却タイミングとは?

まとめ

今後も活用予定のない空き家は、所有しているだけで税金などさまざまな費用が発生してしまうため、適切なタイミングでの売却がおすすめです。
不動産価格指数や築年数の観点から、早めの売却がおすすめされます。
また、低金利の時期が売却に適しており、購入希望者も購入しやすい状況にあるタイミングで売却を検討すると良いでしょう。

鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。
安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ