古い家を売却する方法とは?古い家の基準や注意点についても解説!

古い家を売却する方法とは?古い家の基準や注意点についても解説!

古い家の売却を検討している方の中には、売れるか不安の方もいらっしゃるかと思います。
また、古い家を売却する際は、注意しておきたいことがあるのをご存知でしょうか?
そこで今回は、古い家の売却を検討している方に向けて、古い家の基準や売却方法、売却する際の注意点について解説します。

古い家の基準とは

古い家というものに明確な基準はないですが、一つの目安として、法定耐用年数が決められています。
法定耐用年数とは、固定資産を通常の用途通りに使った場合、本来期待している役割を果たすことができる年数を指します。
たとえば、木造住宅の場合は耐用年数が22年で、マンションのRC造だった場合は47年です。
このような数字から、20年を過ぎると一戸建てやマンションの場合でも設備の老朽化が見込まれるため、古い家といっても過言ではないでしょう。
また、古い家の判断基準の一つに、耐震基準もあります。
耐震基準には、「旧耐震基準」と「新耐震基準」があり、大きな地震の経験を経て、1981年6月1日から新耐震基準が適用されています。
これにより、震度6~7程度の地震が来ても倒壊しない設計になっているんです。
こうしたことからも、売却しようとしている家が旧耐震基準だった場合、古い家と言えるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産を現金化する方法にはどのようなものがある?売却期間も解説!

古い家を売却するための方法

まず、「古家付き土地」として売る方法があり、この方法は売却しようとしている家の状態が比較的に良い時におすすめです。
古い家でも、買主は居住用として購入を検討する場合が一般的です。
そのため、古い家でも家の雰囲気や周囲の環境にひかれて購入してもらえる可能性があるのです。
そのほかにも、「リフォーム」してから売却する方法があり、その場合は費用対効果を考えることが大切です。
リフォームすることによって古い家はきれいになったり、多機能になったりするかもしれません。
ですが、リフォームにかけた費用が、売却金額で必ずまかなえるわけてはないので注意が必要です。
そして、「更地」にしてから売る方法もあり、解体費用を負担する必要がありますが、家の状態が悪い場合に適しています。
このように古い家を売却する方法はいくつかあるため、自分の状況や目的に応じて最適な方法を選びましょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルは?解決策と未然に回避する方法を解説!

古い家を売却する際の注意点

まず注意しなければならない点として、再建築が制限されている場合があります。
用途地域や建築基準法の関係で、再建築不可物件となっている場合があり、そうなると文字通りその土地では再建築をおこなうことができないのです。
この場合は、売却額は相場より少なくはなりますが、仲介での売却ではなく、買取での売却を選択すると良いでしょう。
また、契約不適合責任についても注意が必要です。
契約不適合責任とは、引き渡し後に買主が売主から説明を受けていない、何らかの瑕疵が不動産に見つかった場合、売主側で負担する責任のことです。
そのため、トラブルを避けるためには、家の状態を正確に把握し、瑕疵がある場合には口頭でしっかりと伝えるとともに契約書にもその旨を明記しておくと良いでしょう。。
そのほかにも、境界に関する問題に注意が必要で、売却時に境界が明らかになっていない場合は、隣人と相談してあきらかにしてから売却することで、後々のトラブルを防ぐことができるでしょう。

▼この記事も読まれています
築10年になる一戸建ての売却相場とは?高く売るコツや注意点を解説!

古い家の基準とは

まとめ

古い家の基準は明確に定義されているわけではありませんが、法定耐用年数や耐震基準をもとに判断することができるでしょう。
また、古い家を売却する方法としては、古家付き土地として売却したり、更地にしてから売却したり、自分の状況と家の状態を加味して決めることをおすすめします。
そして、売却時には契約不適合責任に問われる可能性を考慮して、何らかの瑕疵がある場合は必ず買主に告知するようにしましょう。

鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。
安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ