住みながらでもマンション売却はできる!売却成功のためのコツを解説!

住みながらでもマンション売却はできる!売却成功のためのコツを解説!

この記事のハイライト
●マンション売却は住みながらできるものの、売却のタイミングなどに注意が必要
●住みながらのマンション売却は、資金計画を立てやすいなどのメリットがある
●マンション売却を成功させるコツとして、内覧対応の準備を入念におこなうことなどが挙げられる

マンションの売却を検討するとき、住みながらでも売却できるのかどうかでお悩みの方もいるのではないでしょうか。
さまざまな注意点はあるものの、住みながらでもマンション売却は可能です。
今回は、居住中のマンションを売るときの方法やポイントについて解説します。
鹿児島市でマンション売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

住みながらでもマンション売却はできる

住みながらでもマンション売却はできる

マイホームの住み替えでは、売り先行と買い先行の2種類があります。
住みながらのマンション売却は、現在の住まいの売却を先におこなう売り先行が該当します。
売り先行ができるかどうかは、住宅ローンの残債の有無によって判断しましょう。

住宅ローンの残債がないとき

すでにローンを完済しているなど、住宅ローンの残債がないときには通常の流れでマンション売却が可能です。
ただし、不動産売却前に抵当権が抹消されているかどうかを確認しましょう。
抵当権抹消登記の手続きをしないと、ローンを完済しただけでは抵当権は解除されないので注意してください。
そして、売却後は速やかに買主へ引き渡す必要があるため、新居購入のタイミングによっては仮住まいが必要です。

住宅ローンの残債があるとき

住宅ローンの残債があるときは、売却金で完済できるかどうかを調べてください。
まずは返済計画表や残高証明書で、どのくらい残債があるのかを確認します。
そして、不動産会社に価格査定を依頼し、いくらで売れるのか見込みの金額を調べましょう。
売却金でローンの残債を返済できるときは、通常の流れでマンション売却が可能です。
ローンを完済できないオーバーローンのときは、不足分を預貯金で補ったり、住宅ローンの返済を進めたりする必要があります。

内覧対応のポイント

不動産売却できることを確認したら、売却活動をスタートします。
住みながらの売却では、室内に家財道具がある状態で内覧対応しなければなりません。
無理に空き家にする必要はありませんが、寝室やクローゼットといったプライベート空間も見せなければならないこともある点に留意してください。
そして買主への対応は、基本的には不動産会社の担当者がおこないます。
しかし住みながらのマンション売却では、可能であれば売主も内覧に立ち会うと良いでしょう。
内覧の場で、買主から物件に関する質問や交渉がおこなわれることもあります。
内覧に立ち会っていれば、その場で回答できる内容もあるため、売却活動がスムーズに進められます。

この記事も読まれています|住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

住みながらマンション売却するメリット・デメリット

住みながらマンション売却するメリット・デメリット

住みながらマンション売却を進めるときは、空室状態での売却とは異なるメリット・デメリットがあります。
それぞれのポイントを確認していきましょう。

住みながら売却するメリット

住みながらおこなうマンション売却には、次のメリットがあります。
資金計画を立てやすい
住みながらのマンション売却は、資金計画を立てやすい特徴もあります。
どのくらいの売却益を得られるかがわかってから新居を購入するので、手元に資金が十分になくても住み替えが容易です。
二重ローンを避けられる
買い先行でマンション売却を進めると、現在の住まいが売れるまでは二重ローンの負担があります。
しかし住みながら売却すれば、二重ローンによる金銭的負担を避けられるでしょう。
マンションの魅力を直接伝えられる
住みながらのマンション売却では、内覧に売主が立ち会うケースも多いでしょう。
その際、買主に対してマンションの魅力を伝えやすいメリットが挙げられます。
室内に家具や家電がある状態なので、入居後のイメージも具体的に伝えられるでしょう。

住みながら売却するデメリット

住みながらおこなうマンション売却には、次のデメリットがあります。
スケジュール調整が必要
住みながらのマンション売却は、内覧対応のためのスケジュール調整が必要です。
前日や当日に内覧予約が入ることも珍しくありません。
とくに週末に集中する傾向にあるため、売却活動中は週末の予定を入れられないと考えておきましょう。
そして、引き渡しのタイミングは、買主の意向を優先するケースが多くなります。
引き渡しまでに新居の購入が完了していないと、仮住まいが必要になる点に注意してください。
生活感がありすぎると売れにくい
家具や荷物がある状態での売却活動なので、生活感がありすぎていると売れにくくなります。
そのため、売却活動中は室内の清掃や荷物の整頓を徹底しましょう。
可能な限り荷物を減らすため、転居後に使う予定のないものは処分するのもおすすめです。
また季節のアイテムのような今は使わないものは、トランクルームに預けるなどの対策も有効です。

この記事も読まれています|住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

住みながらマンション売却を成功させるためのコツ

住みながらマンション売却を成功させるためのコツ

住みながらのマンション売却は、ポイントやコツを押さえておくことが大切です。
そこで、売却を成功させるためのコツを確認していきましょう。

スケジュールを調整しておく

内覧は日中や週末におこなわれることが多いです。
そのため日中(とくに日当たりが良い時間帯)を中心に、内覧対応できるようにスケジュールを調整しておきましょう。
どうしても立ち会えないときは、不動産会社の担当者に鍵を預けておくことも可能です。

内覧対応をしっかりおこなう

住みながらのマンション売却が成功するかどうかは、内覧対応に大きく左右されます。
内覧前には入念に清掃し、臭い対策として十分な換気もおこないましょう。
ペットや喫煙者がいる場合は、カーテンやソファーカバーにも臭いが付いていると考えられます。
そこで、丸洗いや消臭スプレーを活用するのがおすすめです。
そして、内覧に訪れた方はお客さまとして出迎え、スリッパの用意や室温の調節なども忘れないようにしましょう。

ハウスクリーニングを実施する

自分では落とせない汚れは、専門業者によるハウスクリーニングを依頼すると良いでしょう。
汚れが目立ちやすい水回りだけでも依頼すると、室内の状態を大きく改善できます。
水回りは内覧でも注視される箇所なので、あまり汚れていないときでもハウスクリーニングを依頼するのがおすすめです。

内覧希望者の要望には可能な限り応じる

内覧の場で、売買契約に関する交渉が進められることがあります。
そこで、譲れる条件の範囲などをあらかじめ決めておくなど、交渉をスムーズに進められるでしょう。
このほか、購入後にリフォームを検討している内覧希望者は、リフォーム業者が内覧に立ち会うことを望む場合があります。
このような要望についても、可能な限り応じるようにすれば、成約に至る可能性も高まるでしょう。

新居探しを並行して進める

住みながらマンション売却を進める場合、引き渡しまでに引っ越しが完了していなければなりません。
新居がすぐに見つかるとは限らないので、売却活動と並行して購入準備も進めると良いでしょう。
売却を依頼する不動産会社に購入も依頼すると、転居のタイミングを合わせやすくなるのでおすすめです。

この記事も読まれています|住みながら不動産を売却する方法とは?メリットや注意点をご紹介

まとめ

住みながらでも可能な、マンション売却のポイントについて解説しました。
注意点はあるものの、しっかりと内覧対策を進めていけば売却を成功させることは可能です。
弊社では、鹿児島市で価格査定の依頼を承っております。
住みながらマンション売却をご希望の方も、お気軽にご相談ください。

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ