不動産売却における担当者の選び方とは?ポイントや相性もご紹介

不動産売却における担当者の選び方とは?ポイントや相性もご紹介

土地や家の売却を検討するときに、同じ条件でもより高く売るには、誰に任せるかが重要です。
担当者とはどのような存在で、選び方によってどのような違いが生じるのでしょうか。
この記事では、不動産会社の担当者を見極めるポイントや、相性の重要性についてご紹介します。

不動産売却の担当者とは

不動産を売却する際に選ぶ担当者とは、物件の査定から引渡しまでの営業活動を任せる、取引の窓口となる存在です。
業務にたずさわるうえで、専門的な知識はもちろん、コミュニケーション能力や営業力などの幅広いスキルが備わっていなくてはなりません。
宣伝などの営業活動や質問への対応、内見での立ち会いや価格交渉・売買契約・引渡しにいたるまで、さまざまな業務をこなす能力が必要です。
購入希望者と直接対面して販売活動をおこなうので、人柄や対応力も求められるポジションといえます。
不動産をより早く、より高く売るには、担当者の力量も大切です。
担当者の選び方によって、物件の売却が成功するか否かが決まる場合もあるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産を現金化する方法にはどのようなものがある?売却期間も解説!

不動産売却の担当者~選び方のポイント~

選び方のポイントとして、査定額の根拠をきちんと説明できるかどうかの見極めが重要です。
媒介契約をとるために、相場よりも高い金額を提示する場合があるので、納得できる根拠があるかを確認しましょう。
取引の最初に、物件のデメリットを指摘してくれるかどうかもポイントです。
デメリットがわかっていれば、それに応じた売り出し価格を設定できます。
最初に高い金額を設定しておいて、あとからデメリットを指摘して価格を下げさせる場合もあるので注意が必要です。
物件の周辺地域に詳しいかどうかもチェックしましょう。
地域に詳しい不動産会社の担当者であれば、条件に合わせて最適な価格を設定できます。
物件情報だけでなく、地域の利便性や生活環境の案内もできるため、購入希望者の購買意欲を高められるでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルは?解決策と未然に回避する方法を解説!

不動産売却の担当者の選び方~相性や人柄も重要~

媒介契約を結んで物件の売却を依頼すると、数か月にわたり何度も話し合う機会があるのが一般的です。
見た目の印象や態度などから、相性がよくないと感じる場合は、不動産会社を変えるか担当を変えてもらったほうが良いでしょう。
ストレスなくコミュニケーションがとれるように、人柄や性格的な相性も大切です。
こちらからの依頼や問い合わせに対する返信が遅かったり、対応に満足できなかったりなどで、信頼関係を築けない相手との取引は避けましょう。

▼この記事も読まれています
築10年になる一戸建ての売却相場とは?高く売るコツや注意点を解説!

不動産売却の担当者とは

まとめ

不動産の売却を任せる担当者は、売買を成功させる鍵を握る重要なポジションです。
適正な査定額の提示やデメリットの指摘といった対応の誠実さや、地元に詳しいかなどを見極めましょう。
信頼関係を築けてコミュニケーションをとりやすいように、相性や人柄も重要なポイントです。

鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。

安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ