旗竿地とは何か?売却が困難な理由から売却方法などをご紹介!

旗竿地とは何か?売却が困難な理由から売却方法などをご紹介!

旗竿地とは、建物と道路の間にある細長い土地をいいます。
この土地は、さまざまな理由から売却が難しい物件です。
それでは、旗竿地の物件所有者は、売却できないのでしょうか。
そこで、本記事では、旗竿地の売却が難しい理由・売却方法・旗竿地の特徴などをご紹介します。

旗竿地とは?売却が難しい理由について

旗竿地とは、都心に多く見られる土地の形で、一般的に建物と道路の間にある細長い土地を指します。
都心部では土地の高騰により、家が密集するため、旗竿地が生じやすくなります。
また、旗竿地は多くの問題が存在するのをご存じでしょうか。
たとえば、通常の土地に比べて制約があり、再建築不可の物件が多くなっています。
このような背景もあり、旗竿地の物件は売却しにくくなっています。

▼この記事も読まれています
不動産を現金化する方法にはどのようなものがある?売却期間も解説!

売却しやすい旗竿地と売却しにくい旗竿地の特徴

旗竿地は、売却しやすい土地と売却しにくい土地があります。
売却しやすい旗竿地には、以下の特徴があります。

間口が使用できる

間口が道路に面している場合は、違う用途で使用できる可能性があります。
たとえば、間口に車を停められる幅があれば、駐車場として利用できるでしょう。
駐車場として利用できれば、旗竿地の評価があがり、売却しやすくなります。

日当たりの良さ

日当たりの良い物件は基本的に評価が高くなる傾向があります。
日本では、部屋干しを嫌がる方が多いため、日当たりの良さ=高評価になるからです。
そのため、旗竿地でも日当たりが良い場合は、売却しやすくなります。
一方、売却しにくい旗竿地は、再建築不可の土地です。
再建築不可の物件は、住宅を解体すると再建築ができないため売却しにくい傾向があります。

▼この記事も読まれています
不動産買取でよくあるトラブルは?解決策と未然に回避する方法を解説!

旗竿地を売約する方法とは

旗竿地を売却する方法として、以下の3つがあります。
1つ目は、再建築不可の土地を隣人に売却する方法です。
自分の土地と合わせれば、再建築できる土地に変更できる可能性があります。
注意点として、隣人との交渉をおこなう場合、必ず仲介業者を間に入れましょう。
2つ目は、私道の所有者に交渉する方法です。
旗竿地に入る私道の所有権が第三者の場合、購入を敬遠されがちです。
そのため、私道の所有者に「持ち分の購入」または「通行地役権の設定」を交渉してみましょう。
私道の持ち分が購入できれば、自由に通行できるので、買主も購入しやすくなります。
3つ目は、セットバックの実施です。
建築不可の旗竿地でも「セットバック」を実施すれば、再建築可となり売却しやすくなります。

▼この記事も読まれています
築10年になる一戸建ての売却相場とは?高く売るコツや注意点を解説!

旗竿地とは?売却が難しい理由について

まとめ

本記事では、旗竿地について、概要から売却方法などご紹介しました。
旗竿地はデメリットも多いですが、正しい知識を身につければ、売却できる土地に生まれ変わります。
現在、旗竿地の土地売却を検討中の方は記事を参考に、売却活動をおこないましょう。


鹿児島市の不動産売却なら南国殖産株式会社へ。

安心と信頼の地域総商社で、不動産についての気になる相談に真摯に対応いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

099-264-6411

営業時間
9:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ